人類総百合化計画

百合人間による、百合作品を紹介(妄想)し、百合世界を応援するブログ……になる予定です

百合人間による、百合作品を紹介(妄想)し、百合世界を応援するブログ

奥寺先輩の笑顔が一番尊い 小説「君の名は。」 感想

やっと届きました!
 
「君の名は。」 小説版!

アナザーストーリーの方も手元にあるのですが、そっちはまた今度感想を書こうと思います。
いつもは百合百合言っている当ブログですが、今回はちゃんと瀧君と三葉ちゃんを追いかけつつ、
やっぱり百合みを探す記事になります。

どうしても前回の「君の名は。百合化」記事(これ)を前提とした情報になりますので、
まだ読んでいない方がいらっしゃったら、そちらを読んでからの方がスムーズかと。
では以下「君の名は。」感想になります。


目次
〇小説版「君の名は。」にて百合みを探す
〇おすすめ内容
1.あっという間に流れていく映画と違って、物語を深く理解できる。
2.二人が惹かれあっている描写がある
3.ラストは圧倒的に小説版が好き!
〇気になったところ
1.不明なものは不明のまま
2.映画を見てからだと迫力が足りないかもしれない
〇結局百合は?
〇最後に


続きを読む

ソルフェージュ:おすすめ百合入門ゲーム

百合アニメ入門
百合曲入門

と来たら、次はこれです。

百合ゲー入門

これは今までと少し毛色が変わってきますので軽く解説します。


百合アニメ、百合曲、百合漫画と百合ゲーの違い


アニメ、曲、漫画といった作品とゲームとの一番の違い。

それは「主体性」であります

アニメや漫画はあくまで「百合の世界を覗くもの
キャラクターたちの繰り広げる物語を私たちはただ傍観者として見ていればいいわけです。
そして好きなように妄想する。

対して、ゲームというものは「自分で百合の世界を切り開くもの
カップリング観察型の百合ゲーも多いですが、やはり百合ゲーをするなら最初は自分で好みの女の子との百合をつかみ取る快感を覚えるべきです。
百合ゲーの世界は、百合に優しく、百合の楽しさを覚えるために存在しているのですから。

今日は、様々な百合ゲーの中から、最初にすべきと思われる百合ゲーを紹介したいと思います。


*注意

ものっそ、ネタバレしてます。
すべて真っ白なままゲームを開始したい方は以下を見ないようにしましょう。

続きを読む

勝手に百合ソング入門:これが代表的な百合曲だ!

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 百合へにほんブログ村


百合曲、百合ソング。

一概にそう言いましても種類は様々であります。

運命の百合を描いた「神無月の巫女」ED曲 agony
女子しか出ないアニメ「ラブライブ」より 硝子の花園
百合好きで知らない人はいない「ストロベリーパニック」問題作 秘密ドールズ

その他にもいろいろ取り上げたい曲はあります。
ですが、入門編ということで、狙い打っていこうと思います。


*注意

基本的に百合アニメの百合曲を取り上げます。
しかし、たまに百合アニメでないのからも引っ張ります。
それは百合脳レーダーに引っかかってしまったためです。
寛容な百合精神がない方は流し読みにしましょう。


続きを読む

百合的CCさくら考察2



さて、まさかの前後編になってしまったCCさくら百合考察。
CLMP先生大好きなもので、どうしても長くなってしまいます。

今日はやっと本題である百合考察へ!

また、長くなってしまうと思いますが、どうぞお付き合いください


*いつもの注意書き
 
続きから、百合な作品解説になります。
CCさくらは小狼とさくらしか認めない人。
結局男とくっつくんじゃん!という怒りが湧いてしまう人。
進まない方が良いかもしれません



続きを読む

「CCさくら百合考察」萌えに多大なる影響を与えた名作



CLAMP先生と言えば、オタク業界に多大なる影響を与えた作家さんであります。

メジャーデビュー作品である、聖伝から始まる濃い世界は今なお根強いファンを獲得しています。

聖伝はもはや様々な嗜好が作品に含まれている伝説の作品です。

ヤオイも百合もロリもショタも全部入り!

私的に乾闥婆王のキャラが好きすぎて、なぜ萌えるのかから、なぜあの結末に至ってしまったかまで、夜通しで語りたいくらいなのですが、それはまた違う機会にしておきます。





そんなCLAMP先生の代表作の一つが、カードキャプターさくら(CCさくら、CCS)であります。

わたくし、一時期、CLAMP先生に情熱をすべて傾けていたような時期がありまして。
大体の本がそろっているのですが、その中でもCCさくらはある意味異色の作品です。
(主人公が小学生の女の子なのはCCさくらだけ)
いつ読んでも新鮮さを失わないという素晴らしい名作です。

この記事を書こうと思って、改めてCCさくらを検索したところ……


こんなんやってました
ccsakura
 
クリアカード編
(”カードキャプターさくら公式サイト”より) 

いやー、びっくり。
連載開始が1996年で終了が2000年
20周年記念で新連載って、すごいなぁの一言しかでてきません。

それほどこの作品が色あせない魅力を持っているということだと思います。

しかーし、私が語りたいのはそこではない!

この名作の中の、百合成分について抽出していきます。


*いつもの注意書き
続くから、百合な作品解説になります。
CCさくらは小狼とさくらしか認めない人。
結局男とくっつくんじゃん!という怒りが湧いてしまう人。
進まない方が良いかもしれません



続きを読む

みんな大好き、百合キュアについて!百合入門アニメ


――ニチアサの魅力に取りつかれた。

百合好きならば、聞いたことはあるフレーズかもしれません。

ニチアサ
= 日曜日の朝にやっているアニメ
= プリキュア

であることが、ほとんどです

このプリキュア、子供向けと侮ることなかれ。
元々、低年齢(3~8歳の女児)と大きなお友達向け(30代男性)に作られているのです。

中々百合的においしい作品であります。

百合についての定義(これ)を前提にして、
 
「じゃあ、まず何を見ればいいの?」といった場合

私はプリキュアをお勧めします。



*注意
そんな邪な気持ちでプリキュアは見れない!
作品を汚すな!
または逆にプリキュア大好き!
という方は閲覧注意です。




続きを読む
記事検索
プロフィール

鼎立 哲子/鼎/ファ...

このブログの更新をお知らせするアカウントになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

日々百合なことをつぶやいています(ファス本体のツイッター)
楽天市場
メッセージ

名前
メール
本文
参加しています
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 百合へ
にほんブログ村