今日のアンジュ・ヴィエルジュは「緑の世界編」

また二話かけてやるのかと思いきや、この話で終わりました。
ぎゅっと凝縮していて、見やすいかもしれません。
ただ、話のつなぎが荒くて、ぶっちゃけよく分かんない

百合的には豊作だったので、一番楽しかったかもしれません。

ナイアとアインスの関係。
今まで続いた謎コント姉妹。
天音の大切さ。
カレン・セニア姉妹。

ちょっと書いただけで盛りだくさんですね。

では、百合的感想を書いていきます。

「アンジュ・ヴィエルジュ」 10話 零れた想い


1、ナイア×天音

さてさて、ナイアと天音の出会いからOPは始まります。

1

何かをピコピコといじっている天音と緑の世界から降り立ったばかりのナイア。

緑の世界は、閑散とした世界ですが、それは世界水晶の力が弱まってきているかららしい。
そして青の世界が緑と水に溢れているのは、世界水晶の力らしい。
終盤にきて初めて知る、世界水晶の大切さです。

2

天音がいじっていたのは戦闘シミュレーターでした。
αドライバーにはこんな勉強もあるんですね。
指揮官としてプログレスたちを動かすているなんて、天音さんすごいわ。

「体力のないCを囮にしてA、Bで敵を挟撃」というナイアと
「Bを囮にしてCを逃がしつつ、A、Bで挟撃する」天音。

この作戦にも天音の性格がにじみ出ています。
プログレスに無理をさせずに、いかに敵を撃破するか。
天音は日常的に考えていたんですね。

ナイアもそれを察して「部下の事も、作戦の事も考えているんだな」と天音に感心しています。

3

人たらしの笑顔で笑う天音。

ここまで天音の事をきちんと評価してくれていたプログレスがいただろうか。
最初からナイアのような人ばかりだったら、天音の負担もかなり減ったはず。
そうなるとこの話自体成り立たないからなぁ。

皆の事を考えている割に評価されていない天音が不憫になります。

5

紗夜ハーレムっぽいしね。
ステラに座られ、アルマリアに嫉妬され、エルエルに「私の」と言われる。
わかりやすいハーレム構造ですね。

ナイアは天音への信頼感を抱き続けてくれているところが好感を持てます。

10

「皆の中心にはいつも天音がいた」

結果としては上のような紗夜ハーレムになっていますが、彼女たちが決意したり、覚悟を決める切っ掛けを作っているのはいつも天音でした。
そこに気づいているかは関係ありません。
 ステラとかは天音の呼び方が「ママ」に戻っているあたり、一番大切なのは天音紗夜はその友達だから大切にしているっていう可能性もあります。

9

天音が封印されたオブジェの前で、自分の過去と決意を語るナイア。
一人で緑の世界へ向かう、新しい展開です。


2、ナイアの過去

緑の世界では予想通り、闇落ちしたプログレス「アインス」がナイアを待ち構えています。

ここで明かされる衝撃の事実!

11

サナギ姉妹とアインスはナイアの部下でした!

最初出た時、きちんと特殊部隊とサナギ姉妹は言っていました。
その体調がナイアだったんですね。

またアインスは人工的に作られたプログレス、強化人間であることがわかります。

12

今と全然違う、新人の頃のアインスさん。

この後、ある作戦で瀕死状態に陥ったアインスはまた改造を受け、今のアインスになります。
そして、ナイアが今の性格になったのも、その作戦が元です。

14

「ナイアの本気を見せて」

ここだけ見ればすごく可憐な笑顔です。
戦闘狂チックなのが惜しまれます。

17

必死にアインスを説得しようとするナイア。
壁ドンが素敵。

ナイアに本気を出させるためにアインスはサナギ姉妹に青の世界を強襲させます。

「私を見捨てたんだから、友達も見捨てられるでしょ?」

こわいよー、それ嫉妬だよー。
どんだけ独り占めしたいんですか。
EXのプログレスは皆独占欲が強いんですね。

13

風呂場に落ちてくるサナギ姉妹。
紗夜たち四人はちょうど入浴中でした。

風呂場だろうと関係なく、気持ちよくぶっ放すお二人さん。
この銃弾、特殊なのかエクシード(プログレスの能力)が無効化されております。
緑の世界の軍事力凄いな。

16

なすすべなく捕まる四人。

お風呂シーンで、謎の光が活躍していない……?!
普通の恰好の方が違和感があるなんてすごいアニメです。

余談ですが

15

捕まる時のこの二人の表情がとても可愛い。
アゲハ中佐の「出てきなさい子猫ちゃんたち」というセリフが一周回ってもはや面白い

緑の世界、すごいですね。

18

本題に戻りまして、ナイアの謎パワーにより戦況が一気に逆転します。

この能力すごい中二病っぽい。
攻撃を100回受けたら、勝手に爆発する仕様なんでしょうか?

19

攻撃する側が、攻撃される側を守って抱きしめると言う謎展開。

プログレスの5人の中で、ナイアが一番ヒーロー臭がします。
紗夜が正統派だとしたら、ナイアはダークヒーローに近い感じでしょうか。

20
いきなり倒れるサナギ姉妹。
 
21

「何が起きたの?」の4人。

それは私たち視聴者が一番聞きたい!
1話にまとめるために戦闘シーンで、かなり無理をしたのがわかります。
百合豊富になったからいいけどね。


3、カレン・セニア

最後に持ってくるのもなんですが、期待してた闇落ち解除後の二人が登場しました。

6

やっぱり二人で回復器の中に入ってます。
この二人はこの距離感がデフォルトなんですね。

7

すりすりすると水泡がハートマークに!

「好きだからこそ、一つになりたい」
「好きだからこそ、一つになりたくない」
「大人になればわかりますです」
とカレンさんがのたまってくれています。

一言、言いたい。

たぶん、大人になっても大部分の人がわかりません。

闇落ちしてても、闇落ちしてなくても、この二人は欲望に素直に行動してますね。
ソフィーナ先輩にこの100分の1でも素直さがあれば……。


〇今後の展開

残すは青の世界のみということで、葵先輩と紗夜ちゃんの対決が見られるのでしょうか?
はやく天音ちゃんも戻ってきて欲しいなぁ。
ナイアは紗夜ハーレムに加わらずに済んだようでなによりです。
天音ちゃんが戻ってきたとき、居場所がなかったらかわいそうですもんね。



*ファス*