「あまんちゅ!」第8話は二本立てです。
前回に続いて前半後半で二つのお話が入っております。

capture-20170221-203158
「秘めた思いのコト」

capture-20170221-204016
「まだまだ知らないコト」

前半はダイビング部唯一の男子部員である誠視点で話が進みます。
誠が姉である愛をどう思っているか、どう考えているかが分かって興味深いです。
また、最後の方にちょびっとだけですが、愛視点の誠への思考が分かるところもあります。
なんだかんだ、仲の良い姉弟にほっこりする時間です。
メインは愛の靴箱に入っていた手紙の話なんですが、伝えたかったのは「姉弟でも知らない面がある」ということのような気がしています。

後半は双葉と光のお話です。
こちらも光視点と、いつもの双葉視点とはまた違う楽しさがあります。
二人が体力測定をする話なのですが、今まで出てこなかった双葉の隠された性格や光が双葉の事を好きなんだなぁということがわかってほっこり。
友情百合っていいものですね。
それにしても、光は双葉をべた褒めです。


目次
〇おすすめ内容
1、姉ちゃん先輩の良さ!
2、双葉と光
〇まとめ


おすすめ内容


1、姉ちゃん先輩の良さ!

今回は誠視点の学校生活ということで、今までとは全く違う「あまんちゅ!」を見られます。
最初は誠が男友達とコイバナをする場面から始まるので、「ついに青春の恋の話が……!」と期待したら、とても健全な姉弟愛のお話でした。

capture-20170221-202940
この場面を見ただけで、弟である誠の学校生活がしのばれます。
しかし、ここまで堂々と人を蹴り倒しておきながら
capture-20170221-203007
こんな可愛らしい笑顔を浮かべられる愛は愛情表現が歪んでますね。

さて、こんな場面の後、時系列は放課後に移ります。
部活に移動するために下駄箱にいた誠は、姉が立ちすくむ姿を発見します。
後ろから覗き込むと、そこにはラブレターが!

「やっぱり、コイバナ来たー!」と思っていたら
capture-20170221-203328
愛のこの赤面ぶり。
人間ここまで赤くなったら、危険です。
誠も見慣れない姉の姿にオロオロしています。

余談ですが、この愛の恰好はまさに恋する乙女という感じでどストライクです。
いいじゃないですか、恋する乙女。
恥じらう姿の可愛さは人類共通ですよ。

誠に見守られつつ、ラブレターを開ける愛。
こちらもドキドキしながら、見ていると
capture-20170221-203428

様子がおかしいぞ?

なんと、ラブレターは愛の下の下駄箱の子宛てでした!
そんな凡ミスするでないそ、野球少年。

ここでの愛の対応が、まさに神対応です。
capture-20170221-203533
ちゃんと正しい下駄箱の位置にラブレターを戻してあげて「よかった」とこの笑顔を浮かべます。

「よかった」ですよ、「よかった」!
私だったら、ここまで穏やかに微笑ませんね。
誠が言う通り、馬鹿にされたとか、まぁ、ドキドキした分を返せと思ってしまいそうです。

愛は「頑張ってるやつを見るのは嬉しい」と言います。

自分の想いを伝えるためにラブレターを書いて、下駄箱間違っちゃうくらい緊張して。
そこまでして伝えたい想いがある人は凄いと言います。

capture-20170221-203718
そんなことを考えられる愛がすごい!
これには誠もびっくりだったようで、「今日は姉さんの知らない面をいっぱい知れた」と言っております。

暴力的で、足癖が悪くて、それでも人のことをこんなにも素直に応援できる愛はいい子ですねぇ。
……嫁にしたい。

この後、今度は愛視点で、誠のロッカーを片付ける話がちょびっとあります。
capture-20170221-203828

お互いの将来を心配しあっている、非常に仲の良い兄弟ですね。
さすが双子。考えることもシンクロしてます!

うーん、アニメでここまで健全で爽やかな姉弟愛を見たことがないので、すごい尊いものを見た気分になれます。
こんな姉妹、兄弟がいたら素敵でしょうね。


2、双葉と光

後半は双葉と光のターンです。
最初から、光が飛ばす飛ばす。
capture-20170221-203926
capture-20170221-203950

双葉を「一番仲の良い友達」と紹介しながら、双葉のことをべた褒めします。
おかげで、後光が差すシーンがそこかしこに……。
友達のことをここまで褒められる光はホストにでもなれそうです。

「モデルみたいなスタイル」
「長い手足」
「さらさらの黒い髪」
「てこは特別な存在かを持っている」

うんうん、よっぽどキザな人間でないと言えないセリフばっかりですよ。
そんな二人が今回するのは「体力測定」

握力や立位体前屈、反復横跳びなど定番のテストですね。
空いているところから順よく回れと言われているのに、さっそくはぐれる二人が面白い。
その上、ちょっと離れただけなのに
capture-20170221-204051
capture-20170221-204108

こんな運命的出会いのようになってしまうところや
capture-20170221-204131

光から見て双葉は時折犬に見えていることなど。

突っ込みどころが満載なシーンが多々続きます。
でも百合的にはもっとやってください。
友達を見つけて、腕を広げる人間を実際にみてみたい!
そんで、そのまま抱き合ってくれたら最高です。(願望)

capture-20170221-204150

この二人は手まで繋ぎあってくれました。

その後も双葉を信じている光のシーンが多々あります。
私的にはこのシーンが一番お気に入りです。
capture-20170221-204246
ちゃんと友達に指摘できる子って憧れます。
しかも光の場合、少しも嫌味っぽくない。
本当に双葉の事を思っているのがわかります。

capture-20170221-204455

ラストも手つなぎシーン。
この二人、本当にボディタッチが多いです。


まとめ


この二つ、どっちも「知っている人の知らない面」というテーマが一貫してるんですね。
見返すまでわかりませんでした。
どちらも健全な感情を育んでくれているようで、大変結婚なことです。
なんか、下手な道徳の教科書とか見せるより、「あまんちゅ!」を見せた方が情操教育にいい気さえしてきました。


*ファス*