にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 百合へ
にほんブログ村


さて相互リンク記念百合ゲー特集始まります。

昨日はラインナップの発表だけになってしまいましたので、改めて今日から開始いたします。

まずは、私の中でベストオブ百合ゲー「アカイイト」から始めたいと思います!


*注意

独断と偏見の元、ランダムにピックアップしています。
中にはドマイナーなゲームもあるかもしれません。
むしろ、百合ゲー扱いしていいの?というものもあります。
寛容な心でお読みください。


ラインナップ一覧

〇百合ゲー(元々百合ゲーとして制作されたもの)
・ソルフェージュ:入門編
・アカイイト←今日はここ
・ストロべりーパニック
・その花びらにくちづけを

〇一般ゲー(百合プレイができる、妄想できる)
・fate/extra
・ペルソナ3
・サモンナイト3
・アルトネリコ
・遥かなるときの中で2,3

〇番外(かわいい女の子を楽しめる、頑張れば百合みを見つけられる)
・ルーンファクトリー4
・恋姫無双




ベストオブ百合ゲー


様々なゲームを挙げました。
百合ゲー入門で扱った「ソルフェージュ」ももちろん入っています。
(ソルフェージュ語りについてはこちらを参照→百合ゲーム入門

ただ、「最高の百合ゲーは何でしたか?」ともし聞かれたとしたら、私の答えは今のところ迷わず一つの作品を挙げます

akaito

和風伝奇アドベンチャー 「アカイイト」 2004年 サクセス

これをせずして、何を百合ゲーと言おう!!
百合入門としては、濃すぎて推せないけれども、私の中でこれ以上の名作百合ゲーは出ておりません。

2000年代強いっ!

まだ実家暮らしの頃、家族のいる場所でこれをやり、音が怖すぎると母から苦情が出た苦すぎる経験もあります(笑)
今でもまだ言うことがあるので、余程怖かったのでしょう。
一般人にもそこまで印象を残せる「アカイイト」流石です。


〇あらすじ

この夏に唯一の肉親だった母親を亡くし、遺産の整理をしていた羽藤 桂(はとう けい)は、父親が経観塚(へみづか)という聞き慣れぬ土地に、歴史のある日本屋敷を持っていたことを知る。
桂は処分するかどうかを決めるために、現物を見に経観塚を訪れることに。
その道中の列車の中で、天を貫くほどの巨大な木と、蝶の群れを従えた少女・ユメイが現れる不思議な夢を見る……。

経観塚に伝わる山神と人柱の伝承とは?
失われた桂の記憶の真実は?
桂の生まれ故郷でもある経観塚。

舞台に役者が揃うとき、運命の輪が静かに廻り出す……。

以上、Wikiさんより。

ざっくり言えば、

桂ちゃんが父親の田舎に行って、百合的な目に合うよ!

というゲームです。

主人公である桂ちゃんは「贄の血」という特別な血を持った女の子です。
この「贄の血」、鬼が飲むととてもパワーアップしちゃう特別な血でございます。
鬼にしたら垂涎の血なわけです。
ゲームは桂ちゃんの血を狙う鬼たちと桂ちゃんを守ろうとする側で展開していきます。

そして、「贄の血」をめぐる物語ですから、このゲームめっちゃ吸血シーンが多いよ!!
それがエロくていいよ!!

という推しポイントにもなっています。


〇攻略対象は5人。

・千羽 烏月(せんば うづき) 声:渡辺明乃
めっちゃ美人な鬼切り役。

・若杉 葛(わかすぎ つづら) 声:釘宮理恵
羽藤のお屋敷に住み着いていた家出少女。10歳。
尾花(おばな)という白い狐を連れている。

・浅間 サクヤ(あさま さくや) 声:真田アサミ
桂にとっても頼れるお姉さん的存在。
身寄りを亡くした桂の後見人。

・ユメイ 声:皆口裕子
経観塚を訪れた桂の前に突然現れた謎の少女で、ご神木に宿るオハシラサマ。
桂がピンチになると度々登場し、桂を全力で守ろうとする。

・ノゾミ、ミカゲ 声:小林恵美
鏡で写したようにそっくりな双子の吸血鬼。
「主さま」なる者のために動いていて、その目的のために桂の血を狙っている。


それぞれのENDがバッド、ノーマル、トゥルーの3種類に分けられ、全部で32種類あります。
最初からすべてのENDを攻略できるわけではなく、段階を追っていろんなENDが分岐するという鬼畜使用で、全部を集めるのはかなり骨の折れる作業です。 

しかーし、バッド(桂ちゃんが死んじゃう)でも、百合的にみると美味しいENDだったり、
ノーマルでもトゥルーより好き!というENDがあったり、飽きることはありません。


〇おすすめ百合ポイント

・吸血シーン

最初から、飛ばしていきますと、烏月さん以外、鬼や鬼よりの人間です。
つまりは純粋な人間じゃないです。
それぞれ別な姿や力を持っています。
その姿を楽しむのもこのゲームの面白さの一つなのです。 
 
そして、それぞれの吸血シーンがもうグッド!!!

注意としては、
 
調子に乗って吸わせすぎるとバッドエンドまっしぐらですよ。

ってことくらいですね。
 

・ルートが全て安心できる百合

上で書いたように、様々なエンドがあるアカイイト。

どれも好みはあれど、全部百合!
(死に方も色々、助かり方も色々)

これほど安心して進められるゲームがあるだろうか。

どの人で攻略しても面白いゲームなのですが、
背景を知るのであればサクヤさんルートが一番細かい話までわかると思います。  
こういう話になるまでの説明が一番細かいのはサクヤさんルートです。

そのほかユメイさんルートでは羽藤家について。
烏月さんルートでは鬼切り役について。
葛ちゃんルートでは裏社会について。

それぞれ詳しいところが違うので、話全体を見ようと思ったら全員攻略しなければなりません。
アカイイトの基本となっているのは日本神話ですので、そういう話を好きな方はどんどん、のめり込むことでしょう。

個人的推しの話
サクヤさんの何がいいって、姉御肌で面倒見がいいのに、種族特性で寂しがり屋で依存性が高いことっ!
登場人物中一番年上なのに、あの面倒くささが良いんですっ。)


・曲

OP、EDに限らず、全編に流れる曲が素晴らしい。
物語の雰囲気を壊さず、それでいて主張し過ぎない。

このゲームをしてしばらくはOPのイントロだけで鳥肌が立ちました
CDは古いので手に入れるのが難しいかもしれませんが、youtubeで一部分だけでも聞けるみたいなので、興味がある方は聞いてみてください。


〇まとめ

ざっくり、本当に、ざっくり、紹介しました!

本当はもっと語りたいところがいっぱいです。

個人的に大好きなサクヤさんについてとか。
葛ちゃんのひねくれっぷりとか。
ユメイさんのユメイさんたる所以とか。
とか、とか、とか。

OP,EDだけで記事が書ける気がしています。

ただ愛が駄々漏れで、まともな文章にならなそうなので、自嘲します。

ではここまで読んでくださりありがとうございました!



*ファス*


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 百合へ
にほんブログ村